読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とっぴんぱらりのぷぅ

新しい事、楽しい事が大好きな管理人の記録ブログ。 ライターのお仕事をしています。

全国ご当地オーガニックコスメECOTT COSME(エコットコスメ)が気になる!

どーも!かわせです♪

30代に入ってから、いろいろな事にナチュラルに自然体でいたいなと思うようになりました。


20代の頃は化粧品も『プチプラでいろんな種類を試してみたい!』と思うタイプで、それが原因で肌が荒れてしまう事も・・・

 

派手でばっちりな化粧もいいけど、私が素敵だなと思う女性は、素肌を綺麗に保っていて潤いある肌でいるナチュラルな人だなと気付きました。

 

いろいろ調べるなかで「オーガニックの化粧品を使ってみたいなぁ」と思っていた時、たまたま渋谷MODIを散策中にECOTT COSMEの期間限定店舗を見つけました。

この化粧品ブランド、コンセプトや商品が魅力的ですごく面白いんです!


◆ECOTT COSME(エコットコスメ)ってどんなブランド?

ECOTT COSMEは、日本全国47道府県各所の原料を使ったオーガニックコスメブランドです。
もうこれだけで、ワクワクしちゃいます!

 

オーガニックのうえに、国産(国産って言葉に弱いんです・・・)なんて、すごく興味をそそられます。

 

47都道府県のラインナップがあるので、『自分の出身地はどんな原料で化粧品が作られているんだろう?』と気になりますよね!

 

例えば、私の出身沖縄県のコスメをコチラ↓の商品情報から検索してみると・・・(カテゴリーの「産地(都道府県から探す)」から検索できます)

http://www.ecottcosme-organic.jp/shop/shopbrand.html

サトウキビやアロエを使った商品が出てきました。どんな商品なのか気になります。

いきなり買い揃えるのが不安でも、ミニサイズのお得なトライアルセットがあるので気軽に試せそうなのがいいです♪


◆ECOTT COSME(エコットコスメ)実際の使い心地をレビュー

私が立ち寄った店舗の店員さんは凄く親切で、いろいろな商品を説明してくれました。

 

たくさんのラインナップがあるので迷っていると、サンプルとして岡山県産のモモ果実エキスを使用したシャンプーとトリートメントのセット、栃木県産の酒粕エキスを使用したピュアエッセンスとジェルクリームをいただきました!嬉しい~。

 

早速レビューしちゃいます。


岡山県産のモモ果実エキスを使用したシャンプーとトリートメント

シャンプーは、細かな泡で泡立ちがよく、流すときも泡切れがいいのでさっと流せます。リンスも嫌なヌルヌルがなくていい感じ。

一番良かったのは、シャンプー・リンス共に本当の桃のような、みずみずしい香りがすること!
凄く癒されました。人工的な「桃の押し売り」みたいな香りじゃなくて(変な表現ですいません)、あくまでも自然な香りがすごく良かったです。

ドライヤーで乾かした後は、サラサラでほのかに桃の香りが残る程度。
しっとりより、サラサラがお好みの方におすすめです。
サンプルの写真は撮り忘れてしまったので、フレッシュな桃の写真を載せましたw


●栃木県産の酒粕エキスを使用したピュアエッセンスとジェルクリーム

順番としては、化粧水→ピュアエッセンス→ジェルクリームのようです。(化粧水は手持ちのもの使用)

ピュアエッセンスはとろみのある液体で、塗りこむともちっとした感じになり、ジェルクリームはベタベタせず馴染みがいい。


酒粕特有の匂いはあまり感じませんでした。使用した次の日は、心なしか化粧のりがよかった気がします。

酒粕、一時期すごくはまって毎晩手づくりのパックをしていたこともありましたが、めんどくさくてw

でも効果は絶大で、肌が柔らかく、白くなって周りからも「色白くなったでしょ?」と言われるほどでした。
めんどくさい気持ちが勝ってしまって、最近やってなかったけど、これなら手軽に効果を得られそう。


同じラインで、フェイススクラブなんかもあるので使ってみたーい。

ちなみに、タレントの平子理沙さんも愛用しているらしいです。

 

◆ECOTT COSME(エコットコスメ)ってどこで買えるの?

HPから購入できますが、私のおすすめは店舗での購入です。
とにかくラインナップが豊富なので、店員さんに相談しながら、自分に合うものを探した方がベターだと思います。
不安であればサンプルをもらって検討もできるしね。

私も、またお店に行っていろいろ相談しながら購入しようと思っています♪

◆最後に

メイクについては疎い私ですが、基礎化粧品にはこだわって潤いのある肌、髪でいたいなと思います。「高ければ何でも良いものである」という価値観にとらわれずに、本当にいいものを見極められるようになりたいなぁ。

 

とっぴんぱらりのぷぅ。