読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とっぴんぱらりのぷぅ

新しい事、楽しい事が大好きな管理人の記録ブログ。 ライターのお仕事をしています。

サントリーの新商品”透明なレモンティー”を飲んでみた。気になるカロリーや価格もチェック!

 どーも!かわせです♪

 

先日、Suchmosのツアー「TOUR THE KIDS」追加公演最終日に行ってきました。

 

しかも1人で!

 

初めての1人ライブで緊張しましたが、めちゃくちゃ楽しみすぎて・・・

 

ただいま絶賛腰痛中であります!

 

いてー!でも幸せ。

 

さて、CMも放映されて話題になっている

サントリー天然水 PREMIUM MORNING TEA レモン

はもう飲みましたか??しかし長い名前だな。

 

この商品、見た目は透明で水みたいなのに、飲んだらレモンティーというちょっと不思議な飲み物。

 

以前発売された、透明なのにヨーグルトの味がするヨーグリーナのレモンティー版といったところでしょうか?

 

バン!!でいやっ!

見た目は、本当に透明でただの水みたい。

f:id:ishimine0039:20170428232952j:plain

f:id:ishimine0039:20170428233020j:plain

容器は柔らかく、べコべコしていてへこみやすいです。

 

容量は、普通のペットボトルより少し多めの550ml、価格は131円(税別)。

カロリーは100mlあたり21kcalなので、1本飲むと115.5kcal!

f:id:ishimine0039:20170429000056j:plain

 

あれ・・・・?思ったよりカロリー高くない?

と思って、某レモンティーを調べてみると100mlあたり28Kcal。

 

550mlだと154kcalなので、1本あたり38.5kcalの差。

 

普通のレモンティーよりは少しカロリー控えめという印象で、決してカロリー低めではなですね。

 

 

甘さ控えめのレモンティー風の水で、どっちかっていうとフレーバーウォーターという予想をしていましたが、実際の味は・・・・

 

 

めっちゃレモンティー!!!!!

 

これって、透明にした意味あるのかなってくらいのレモンティーw

 

若干すっきりめではありますが、フレーバーどころじゃなくて、凄くレモンティー。

 

 

パッケージには「清冽なサントリー天然水に、華やかな紅茶の香りと爽やかなレモンを閉じこめました」とありますが・・・・

f:id:ishimine0039:20170428233845j:plain

一緒に糖分も閉じ込めてるやないかい!!甘すぎるわっ。

※個人的な感想です。 

 

と私としては、少し残念だなという印象。

 

せっかく有機レモンを使っていることをアピールしているのに、甘さのせいでスッキリ感があまり感じられない。

 

ただ、私は普段ジュースを飲む習慣がないので甘く感じただけかも。

主人は美味しいと喜んでいたので、これは好き嫌いが分かれそうです。

 

最後に気になるのは・・・・ヨーグリーナもそうだけど

サントリーの透明にする技術!

 

一体どうやってるんだろう。透明にする意味ってなんだろうw

 

そして、今度は何を透明にするつもりなんだろう。

 

次の新商品が楽しみですw

 

とっぴんぱらりのぷぅ。

 

伝統豆花って何?神田にある「東京豆花工房」で本場の豆花を食べてきたよ

どーも!かわせです♪

 

突然ですがワタクシ、マガジンハウス(特にBRUTUS)ファンであります!

先日発売された特別特集”最高のおやつ”はもう読みましたか??

BRUTUS特別編集 合本・最高のおやつ (マガジンハウスムック)

BRUTUS特別編集 合本・最高のおやつ (マガジンハウスムック)

 

 

大好きなおやつと、BRUTUSのコラボとか・・・

最高かよっ!!!

 

そのBRUTUSに掲載されていた台湾スイーツのお店

東京豆花工房

が気になって気になって・・・・

 

この間紹介した、コチラ↓の台湾スイーツ店「鮮芋仙」もすっごくオススメですが

kawaseazusa.hatenablog.com

 

東京豆花工房の”伝統豆花”という製法で作られた豆花を食べてみたかったので行ってきました。

 

最寄駅の御茶ノ水から歩いて7~8分くらい小川町駅淡路町駅からも歩けます)

有名なかんだやぶそば」の斜め向かいにあります。

※昼時に行くと「かんだやぶそば」は行列ができているのですぐ分かると思います。

 

この看板が目印です。優しいタッチのイラスト。

f:id:ishimine0039:20170424094648j:plain

 

お客さんがいたので、全体的なお店の様子は撮影できませんでしたがこじんまりとした可愛いお店。

 

テーブルが2つと、店先で食べられる長椅子が1つ。10名座れないくらいかな。

 

インテリアも”台湾らしさ”があってとっても可愛かったです。

台湾ランプの吊るし飾りに・・・

f:id:ishimine0039:20170424100303j:plain

 

台湾の万能炊飯器「台湾大同電鍋」もありました!可愛い~。

f:id:ishimine0039:20170424101541j:plain

ちなみに「可愛いね~」と言いながら、主人がフタをOPEN!

中に煮小豆が入っていたらしく、焦って閉めてましたw 

 

メニューはシンプルに2つ。

 

トッピングなしの原味豆花 ¥500(+税)

トッピングありの東京豆花 ¥650(+税)

※それぞれ、豆花にかけるシロップを熱・冷(氷入り)から選べます。

 

勿論トッピングありの東京豆花をチョイス!

 

 この日は少し寒かったので、熱と冷をオーダーして主人と2人でシェアしました。

 

トッピングは、白玉やピーナッツ、緑豆、小豆、ハトムギ、タピオカなど種類がいっぱい!!

 

迷っていると、店員さんから「全部乗せもできますよ」と教えてもらったので

全部乗せにしました。

 

上の写真が熱で、下の写真が冷。

キラキラのプルップルであります!!!!!

f:id:ishimine0039:20170424122957j:plain

f:id:ishimine0039:20170424123148j:plain

 

シロップは甘さ控えめで、スッキリ。

豆花は、しっかり大豆の味がしてツルツル、プルプルの食感。

 

トッピングは、いろいろな食感が楽しいです!

サクサク、モチモチ、ホクホク、モロモロ・・・

 

めちゃくちゃ美味しい~~♡好吃♡

 

これ、毎日食べても飽きない自信があります!

 

気になっていた伝統豆花というのは、豆乳をにがりなどで固める製法で、懐かしく優しい本場の味を再現していることのようです!

 

豆花に馴染みのない日本人でも、思わず

「懐かしい!」

と言ってしまいそうな、優しい味。

 

ちなみに、お店にいた店員さんは多分台湾の方で、凄く親切でしたよ。

 

お店のHPはコチラ↓

www.tokyomamehana.com

 

気になる方は是非!オススメのお店です。

 

とっぴんぱらりのぷぅ。

 

 

 

 

 

 

 

2017年春の新商品!話題のアメリカンチェリーパイフラペチーノをレビューします

どーも!かわせです♪

 

東京は昼間だと半袖でOKなくらい温かくなってきました。

 

今から冷たい食べ物が楽しみ~!

 

というわけで、スタバ話題の新作

アメリカンチェリーパイフラペチーノ

を試してみたのでレビューします♪

 

実は、発売前から今までにないフラペチーノ具合が気になって、気になって・・・

 

どうやって上にかぶさってるパイのドームにストローさすわけ?

 

という疑問を解決すべく、スタバへGO!

 

早速注文して、店員さんが作っているところをジーッと観察w

チェリーソースを注ぎ、バニラクリームフラペチーノ?を注ぐ。

何やらパイのカケラを投入し、またチェリーソースを注ぐ。

クリームをこんもりのせて、可愛いパイの帽子をON!

 

そして、出来たのがコイツだぁっ!!!!!

f:id:ishimine0039:20170418111809j:plain

いつものストローより、少し太めのストローを貰いました。

 

ここで、気になる価格やカロリー、販売期間について・・・

 

価格:Tallサイズ ¥640(税別)※販売はTallサイズのみ

カロリー:493kcal 

     低脂肪ミルクだと481kcal、無脂肪ミルクだと468kcal

期間:2017年4月13日~2017年5月16日

 

お値段はパイが乗っている分?今までのフラペチーノよりお高めですね。

カロリーも高め!気になる方は、低脂肪や無脂肪ミルクがオススメです。

 

 

そして、ずっと気になっていたストローのさし方について!

f:id:ishimine0039:20170418114531j:plain

 

Twitteやクチコミでは「パイが硬くてストローがさしにくい」という声が上がっていますが・・・

 

私流の、コツを心得たのでご紹介しますw

 

パイの下にはたっぷりのクリームが入っているので、ゆっくりさすとクリームがサイドから飛び出してしまう可能性があります。

 

まず、深呼吸しましょうw

 

そして、勢いをつけて「えいやっ!」とひとつき!

これで綺麗にささります。 

※中身が飛び散る可能性があるので、フタは外さずにさしてくださいね。

 

お味は、すっごいアメリカン!

飲んでいるというよりも、スイーツを食べているという感じです。

 

砕かれたパイが、サクサクで食感も楽しいし、飲み進めるうちにチェリーソースが濃いところと、薄いところがあって飽きずに飲めます。

 

1/3くらい飲んで、パイのドームを崩して食べました。

が、パイが大きすぎたのでフタを外してストローを使わずモグモグ。

パイのボリュームで、満腹になりましたw

 

ただ、私にとってはちょっと甘すぎたかなぁ。

甘すぎるのが苦手な方は、シロップ少なめがいいかも。

 

愛犬グリと、散歩がてらのスタバ。グリも新商品に興味津々?

f:id:ishimine0039:20170418122937j:plain

 

美味しかったんだけど、欲をいえばチェリーソースにもっと果肉感が欲しい。

ゴロッと感があれば、もっとリアルなアメリカンチェリーパイに近づけそう・・・

 

気になる方は、是非試してみてくださいね♪

 

とっぴんぱらりのぷぅ。

 

 

バリ島ウブドで初心者にもオススメの美味しくて清潔なワルンを紹介するよ!

どーも!かわせです♪

 

先日アップした↓コチラのブログで、ウブドの魅力をお伝えしましたが・・・

kawaseazusa.hatenablog.com

 

今回は、衛生面が心配という方にも、安心して入れるウブドのオシャレワルンを2つご紹介します!

 

◇Warung Sopa(ワルン・ソパ)

f:id:ishimine0039:20170413231912j:plain

 

こちらは、ベジタリアン御用達のオシャレなワルン。

www.tripadvisor.jp

 

地元の方はほとんどおらず、長期滞在中と思われる欧米人で賑わっていました。

いかにも「ヨガやってそう」「ザ・オーガニック」な方が多かったですw

 

オーナーが日本人なので、日本語メニューもあるのが嬉しい。

メニューには納豆や、味噌を使った料理もありました。

 

ガラスケースの中から、おかずを選ぶ「ナシチャンプルー」目当てで行ったのですが、遅い時間に行ったので売り切れてしまっていました・・・ショック~~

 

ということで、お店の名前にもなっているSopa(スペイン語でスープ)をオーダー。

この日はトウモロコシのSopa

値段は忘れてしまいましたが、おそらくRp20,000以内

f:id:ishimine0039:20170413233626j:plain

 うんめぇぇぇぇ!!!!

これめっちゃ美味しかったです。

 

飲むというより、食べているって感じで満足感もあるし、トウモロコシそのものの優しい味。

 

他にも、いろいろオーダー!

 

ベジタリアン餃子 Rp20,000

皮がモチモチ、トゥルン♪ お肉を使ってないのに、ちゃんと餃子!

f:id:ishimine0039:20170413234401j:plain

 

ベジタリアンナシゴレン Rp36,000

赤米のナシゴレン。お米の甘みが美味しい。

f:id:ishimine0039:20170413235129j:plain

 

ガドガド(茹で野菜のサラダ)Rp30,000

ピーナッツソースをつけていただきます。

一緒に添えられているテンペが、これまで食べたテンペの中で一番美味しかった。

f:id:ishimine0039:20170413235142j:plain

 

お腹がいっぱいで食べられませんでしたが、美味しそうなスイーツやドリンクもいっぱいありました。

 

リーズナブルで、体に優しい素敵なワルン!安くて美味しくてビックリ!

 

帰りには、陽気で日本語ペラペラの男性スタッフが

 

「トウモロコシじゃなくてテレマカシ(インドネシア語でありがとう)だよ!」

 

と訳の分からないダジャレで送り出してくれました。

 

 

◇Cafe Wayan & Bakery(カフェ ワヤン アンド ベーカリー)

f:id:ishimine0039:20170414005015j:plain

 

まるで森の中になるような、癒しのワルン。とっても清潔なのも◎

www.tripadvisor.jp

 

こちらも地元の人というより、観光客が多かったです。

かなり老舗のワルンで、約30年の歴史があるそう。

 

街中にありますが、店内に入ると、緑に囲まれた空間で本当にのんびりできる居心地の良さ。

 

時間を忘れてゆっくりしたい時にオススメです。

 

とってもオシャレな店内。

f:id:ishimine0039:20170414005152j:plain

f:id:ishimine0039:20170414005206j:plain

f:id:ishimine0039:20170414005355j:plain

 

勿論、料理も美味しいです。盛り付けもキレイ。

ナシチャンプルーと、卵とチキンのスープをオーダー。

値段は忘れてしまいましたが、2つで日本円で1000円前後だったと思います。

f:id:ishimine0039:20170414010217j:plain

f:id:ishimine0039:20170414010228j:plain

 

お腹がいっぱいで、食べられませんでしたが美味しそうなケーキもありました。

f:id:ishimine0039:20170414010525j:plain

 

一般的なワルンより、少し高い印象ですが(日本に比べたらだいぶ安いけど)、ゆっくりくつろげて、すごくオススメ。

 

雰囲気も、接客も素晴らしいです。

 

以上、2つのワルンをご紹介しました♪

 

コテコテのワルンは入るのに勇気がいる・・・という方にもオススメです。

 

ウブドを訪れた際は、是非行ってみてくださいね。

 

とっぴんぱらりのぷぅ。

バリ島ウブドのホテル、ハイセンスでおもてなし精神溢れる「コマネカ アット ビスマ」がステキ!

どーも!かわせです♪

 

先日アップした↓コチラのブログで、ウブドの魅力をお伝えしましたが・・・

kawaseazusa.hatenablog.com

 

今回はウブドで宿泊した素敵なホテル

コマネカ アット ビスマ(Komaneka at Bisma

について、レポします。

 

こちらのホテルは、バリ島旅行前半で宿泊した「リンバ ジンバラン バリ バイ アヤナ」とは違って、こじんまりとしたタイプのホテル。

kawaseazusa.hatenablog.com

 

ロビーは、開放的で木をふんだんに使った贅沢なつくり。

正面からの写真じゃなくてすいません・・・

f:id:ishimine0039:20170411212133j:plain

 

ゆっくり寝そべられる大きなソファーに、高い天井とシャンデリア。

f:id:ishimine0039:20170411213530j:plain

f:id:ishimine0039:20170411213700j:plain

 

ロビーのある3階から下を覗くと、1階にある長ーいプールも見えます。

f:id:ishimine0039:20170411213954j:plain

 

こんな素敵なロビーで、なんと毎日15時30分からティータイムが楽しめちゃうんです。

 

春巻きや、バナナを揚げたドーナツみたいなものは、目の前で揚げてくれるのでアツアツをいただけます。

f:id:ishimine0039:20170411222944j:plain

 

その横では、ホテルのスタッフが丁寧にチャナンの作り方を教えてくれました。

このチャナンというのは、バリの街中で見かける神様への供え物。

バリの人々は、みんな作れるんだそう。

f:id:ishimine0039:20170411223153j:plain

 左がスタッフの方が作ってくれたもので、右が私が作ったもの。

完全に別物になってマス・・・

 

スタッフの方はとても気さくで親切。

アットホームな雰囲気で、チャナン作りが出来てとてもいい思い出になりました。

 

日本にも負けないおもてなしの心、ここにあり。

 

 そして、気になるお部屋は緑に囲まれた廊下を抜けて・・・

f:id:ishimine0039:20170411224424j:plain

 

どやっ!!!

ロビー同様、ふんだんに木を使ったシンプルでラグジュアリーなお部屋

 広くて、ゆったりしていてインテリアも上質でめちゃくちゃ好みのお部屋。

ステキすぎます。

f:id:ishimine0039:20170411224444j:plain

f:id:ishimine0039:20170411224916j:plain

 

ベッドにはこんなコッパズカシイ演出が・・・

ありがたいけど、恥ずかしいわw

f:id:ishimine0039:20170411225203j:plain

 

嬉しかったのは、広ーいバスルーム!

清潔感があって、バスタブの横にぶら下がっているキャンドルホルダーもロマンティック!

f:id:ishimine0039:20170411225716j:plain

f:id:ishimine0039:20170411225723j:plain

 

オーガニックのバスソルトや、アメニティーがレモングラスの爽やかな香りで癒されます。

f:id:ishimine0039:20170411231026j:plain

 

バルコニーも広くて解放感があり、緑に囲まれ最高の気分。

f:id:ishimine0039:20170411231144j:plain

f:id:ishimine0039:20170411231249j:plain

 

この旅行では、結婚1周年のお祝いも兼ねた旅行だったので、主人がサプライズでディナーコースを予約してくれて、このバルコニーでいただきました。

緑が多いので、ゲロゲロ蛙の大合唱をBGMにお食事w

f:id:ishimine0039:20170411232108j:plain

f:id:ishimine0039:20170411232122j:plain

f:id:ishimine0039:20170411232136j:plain

 

こんなベッタベタな恥ずかしい演出でも、嬉しいもんですw

 

お食事も勿論とっても美味しかったです。

 

ちょっと写真じゃ分かりにくいですが、バナナの葉のお皿の中央にご飯、右はチキン、左はダック、その周りにサテや野菜なんかがあります。

チキンとダックが、どう見てもムッキムキのボディービルダーにしか見えません。

f:id:ishimine0039:20170411232926j:plain

スタッフの方に「手で食べると美味しいよ」とすすめられたので、手を使っていただきました。

 

2人ともしばし無言になる程の美味しさ。

 

 このホテルに、宿泊をお考えのカップルまたは夫婦の方は是非お部屋でディナーを。

この旅一番の思い出になりました。

 

 

食べてばっかですが、2階レストランバルコニーでの朝食もかなり良かったです。

 

この日は、白身とマッシュルームのオムレツとフレンチトーストをチョイスしましたが、かなり豊富な種類からチョイスできて何泊しても飽きなそう。

f:id:ishimine0039:20170411233721j:plain

f:id:ishimine0039:20170411233725j:plain

 

しかもすっごく美味しい。

このホテル、本当に料理が全て美味しかったです。

 

そして、なんと朝食のあとにスタッフさんからサプライズで

結婚1周年記念のケーキ(しかもホール)をいただきました・・・

f:id:ishimine0039:20170412000002j:plain

ありがたいけど、朝からホール1個はキツカッタので残してしまいました・・・

でも、その気持ちが凄く嬉しかったです。

 

スタッフさん、テレマカシー!

 

また、このホテルには様々なアート作品が散りばめられているのが特徴です。

お散歩しながら、アート作品を探すのも面白い。

f:id:ishimine0039:20170412000345j:plain

f:id:ishimine0039:20170412000349j:plain

 

これまで宿泊したホテルの中で、1番いいホテルでした。

 

とにかくスタッフの方々の温かさが嬉しくて、街で遊んで帰ってきても

「お帰り、どこ行ってきたの?楽しかった?」みたいな気さくさに

「ただいま~」といいたくなるような素敵なホテルでした。

 

チェックアウトの時も、サプライズでオーガニックのクッキーと、可愛いストールをプレゼントしてくれました。

 

相手の喜ぶようなことを、常に考えてくれているようなそんなおもてなしの心を感じました。

 

本当にこのホテルにして良かった。

そして、次回も絶対ここに宿泊します。

 

またコマネカ アット ビスマに行けるまで、日本で頑張るぞー!

 

とっぴんぱらりのぷぅ。

 

 

遂に日本上陸!ヘルシーで健康的な台湾スイーツのお店、鮮芋仙(シィエンユーシィエン)に行ってきたよ

どーも!かわせです♪

 

最近、バリ島のブログを少しづつアップしていますが‥‥

 

実は私、大の台湾好きです。

年に一度は訪れている大好きな場所。

 

台湾のことや、食べ物にも少しづつ詳しくなってきて、日本でも美味しい台湾料理のお店やイベントにはアンテナをはってきました。

 

これまで、台湾スイーツといえばタピオカミルクティーで有名な「春水堂」、

マンゴーの台湾風かき氷が有名な「ICE MONSTER」「マンゴーチャチャ」

が日本に進出していますが・・・・

 

私の中では、仙草ゼリーや芋、ピーナッツや豆を使ったものこそ台湾スイーツ!

 

そんな台湾スイーツが食べられるお店が、めでたく東京に進出しました!

 

コチラ↓鮮芋仙(シィエンユーシィエン)でございます。 

www.meetfresh-tokyo.jp

 

うおー!猛烈に嬉しい~。謝謝、鮮芋仙!

アジア&アメリカでは500店舗以上出店してるのに、日本への出店が遅すぎるくらいです。

 

ってゆうか、なぜ赤羽に出店したんだろう。

なぜ、青山とか原宿じゃなくてディープな赤羽にw?

という疑問を持ちつつ、お店の様子と気になる味をレポします。

 

入口の看板。創業者の姉弟の似顔絵が目印。

f:id:ishimine0039:20170411134631j:plain

 

店内は明るくて、カラフルなイスがオシャレ!

f:id:ishimine0039:20170411135451j:plain

f:id:ishimine0039:20170411135506j:plain

 

ディスプレイもこだわり感じます!

f:id:ishimine0039:20170411135912j:plain

f:id:ishimine0039:20170411135940j:plain

f:id:ishimine0039:20170411140004j:plain

 

お水はセルフ式ですが、レモングラスやリンゴ、レモン、キュウリの入ったデトックスウォーター!こうゆう、細かいサービスが素敵。

f:id:ishimine0039:20170411141633j:plain

 

メニューを見ると、どれにしようか迷っちゃうくらい種類豊富なスイーツ!

今回は、左からお店オススメの仙草オリジナル¥550(税別)、豆花2号¥450(税別)をチョイス。

2つともMサイズですがLサイズもあります。

f:id:ishimine0039:20170411141942j:plain

 

仙草オリジナルは手前のクリームをかけて食べます。

ゴロゴロっとした芋園(芋のおもち)が印象的!

f:id:ishimine0039:20170411142921j:plain

ゼリーが凄くなめらかで、黒糖の上品な甘みとクリームが◎

芋園はモッチモチで食べごたえがあります。

 

豆花2号は、大きな芋とハトムギがポイント!

f:id:ishimine0039:20170411144042j:plain

 プルプルの豆花に、優しい甘さのシロップ、シャリシャリの氷が爽やか!

ハトムギは口の中に入れると、モロモロっと崩れ、芋はホクホクの食感が楽しい。 

 

2つともスッキリした甘さでペロッといけちゃいました!

ごちそうさまでした!!

 

今回ご紹介した2つの他にも、こんなにたくさんのスイーツがあります。

どれも美味しそう!

f:id:ishimine0039:20170411153227j:plain

 

ドリンクも充実してます。

f:id:ishimine0039:20170411153816j:plain

 

お店には、日本在住と思われる台湾人や中国人らしき人もたくさん。

この味、恋しくなるよねー。分かるわー・・・

 

赤羽だけじゃなく、日本にもたくさん店舗を増やして欲しい!

 

気になる方は是非行ってみてくださいね。

 

とっぴんぱらりのぷぅ。 

バリ島旅行でウブド滞在はマスト!ウブドってどんなところか紹介するよ。

どーも!かわせです♪

 

春とはいえ、東京はまだ肌寒いですね。

あぁ・・・バリ島が恋しい~!

 

今日は、先日訪れたバリ島ウブドについて。

 

旅前半は、バリ島の南部、高級ホテルが集まるジンバランの「リンバジンバラン バリ バイ アヤナ」に宿泊。

 

お洒落なセレクトショップや雑貨店が並ぶスミニャックや、お土産屋さんが並ぶ繁華街のクタも満喫しました!

 

 

旅の後半は、ジンバランからタクシーで約1時間半の棚田が広がる絶景で有名なウブドへ移動。

 

細かい詳細は、少しづつブログにつづっていく予定ですが、ウブドをあえて一言で言うと・・・

 

緑溢れる風景にヨガやスパ、オーガニック、アートの集う癒しの街

 

です!

 

こんな素敵な棚田の風景が広がっていたり・・・

f:id:ishimine0039:20170409211920j:plain

 

その棚田のすぐ近くにある空気の美味しい開放的なヨガスタジオがあったり・・・・

f:id:ishimine0039:20170409212148j:plain

f:id:ishimine0039:20170409212201j:plain

 

素敵なオーガニックのワルン(食堂)があったり・・・

f:id:ishimine0039:20170409212642j:plain

 

日本ではあり得ないコスパの良すぎる素敵スパがあったり・・・

f:id:ishimine0039:20170409212917j:plain

 

次回のバリ旅行は、ウブドだけでもいい!!と思える素敵な街でした・・・

ほんと、今すぐにでもいきたいくらいw

 

バリ島で、ウブドに行くか迷われている場合は是非オススメします。

 

ちなみに映画「食べて、祈って、恋をして」のジュリア・ロバーツが演じるリズがウブドの棚田の中を自転車で走り抜けるシーンがあるので、事前に映画を見ておくと面白いですよ。

 

私も、リズが通った場所を目にしてテンション上がりましたw

 

ウブドでゆっくり過ごすと、本当に心から解放されます。

 

詳しいウブド情報は、また改めてブログにアップします。

 

とっぴんぱらりのぷぅ。